本当に簡単で確実なOP25B対策って

Posted by joeartsea on 2009-02-09

OP25B(Outbound Port25 Blocking)について。ご存じない方はまず「突然メールが送れなくなる!?」迷惑メール対策のOP25Bとはをご覧ください。要はプロバイダが自分のところ以外の25番ポート通信をブロックしてしまいますので、独自ドメインで外部ホスティングしているメールサーバのメールは受信はできても送信ができない状況が発生します。

この対策として最も簡単で確実なのは他のポートを使う方法ではなくプロバイダのsmtpサーバを使うことです。メールサーバの仕組みに詳しい人なら何を今更という話ですが、メールソフトで設定する送信サーバと受信サーバは同一でなくて構わないのです。そのために入力欄が2つあるわけです。

Outlook Expressを例に説明すると「送信メール(SMTP)欄」にプロバイダのsmtpサーバのホスト名かIPアドレスを入力。「このサーバは認証が必要に」チェックをつける。そのすぐ横の「設定」をクリックして「次のアカウントとパスワードでログオンする」にプロバイダのIDとパスワードを入力。これで独自ドメインのメールアドレスの送信もプロバイダのsmtpサーバが利用されるようになります。

しかしこのままでは送ったメールの返信先はプロバイダのメールアドレスになってしまいます。返信先を独自ドメインのメールアドレスにするには「全般」タグの「ユーザー情報」の「電子メールアドレス」に独自ドメインのメールアドレスを入力するだけです。

たまにプロバイダのメールアドレスでないとメールを受け付けないプロバイダも存在します。そういう場合は運が悪かったと思って他のポートを使いましょう。