Virtual Server 2005 R2でCGI Error

Posted by joeartsea on 2009-02-19

Virtual Server 2005 R2の動いていたマシンの権限問題でIISの設定をいろいろいじくってるうちに動かなくなり_Virtual Server 2005_ R2を再インストールしました。すると今度はNICにVirtual Machine Network Servicesがインストールされず外部ネットワークが利用できなくなりました。なんだこりゃ。さっきまで使えてたのに…

Vitual Server 2005でイーサネットコントローラの初期化エラーとかやってみたり、Virtual Server 2005 R2アンインストール後に残るファイルなどを削除しても変化なし。レジストリ関係ならヘタにいじるのはヤバそうなので結局ホストOSを再インストールしました。Virtual Server 2005とVMware Serverだけ動かしてるマシンでゲストOSはシステムドライブに置いていないので気軽に。

しかし全て再インストールしてVirtual Server 2005の管理用Webページを開くと今度はCGI Errorなどと表示される。なんだこれは。初めて見た。Apacheの500エラーと一緒か?IISについてよく知らないのは結構まずいかもしれないな…と思いながら検索すると「Virtual Server 2005を再インストール」とか「IISを再インストール」とかばっかり。

多分なんか設定変えるだけでいけそうな感じがするのにWindowsな人は困ったら再インストールですか。いろいろ見てるとCGI Error Virtual Server Administrationの最後のほうのレスにIISの設定を基本認証にしたら良いと書いてある。どこのことかというと

  • IIS管理画面→Webサイト→既定のWebサイト→VirtualServerを右クリックしてプロパティを開く
  • 「ディレクトリセキュリティ」タブの「匿名アクセス及び認証コントロール」にある編集ボタンをクリック
  • 「基本認証」にチェックを入れる。「パスワードがプレーンになる」と警告が出るけどとりあえずOK

これでCGI Errorは消えて認証ダイアログが表示されるようになると思う。あとはマシンのユーザーでログインすれば管理画面が表示される。ちなみにいちいち認証が面倒臭い場合は「基本認証」ではなく「匿名アクセス」にチェックを入れてマシンのユーザーとパスワードを入力すればOK。パスワード入れるには「IISによるパスワードの管理を許可する」のチェックを外せば入力できるようになります。