Apache,PHP,MySQL,PHPMyAdmin

Posted by joeartsea on 2009-02-01

久しぶりにRHELにPHPとMySQL環境を構築する機会がありました。RedHat系はシェアが多いので仕事だとだいたいrpmな作業になります。LAMP環境の構築はもう数え切れないくらいやってますが、今更ながら一連の流れをコンパクトにまとめておきます。

まずOSに関係なく大まかな流れとして以下のようになります。

  • Apache、PHP、MySQLのインストール
  • PHP、MySQL間の文字化け対策
  • PHPMyAdmin(MySQL管理GUIツール)のインストール

ApacheとPHPのインストールはパッケージ管理ツールを使えば問題ないと思います。php-mysqlとphp-mbstringも別のパッケージになっていることが多いので、後からでも個別にインストールできます。今回のケースなら両方必須なので一緒に入れましょう。ソースからコンパイルだとこうはいかないのでなるべくパッケージ管理ツールで入れましょう。

MySQLの文字化け対策は諸説あるようですがMySQL 4.1.5, 5.0.13 で導入された --skip-character-set-client-handshake オプションをつけて起動すればいいだけです。これでも解消されない場合はskip-character-set-client-handshake についてとかが良いかもしれません。

PHPMyAdminはphpMyAdmin インストールマニュアルとか解りやすいです。どっかのレンタルサーバのマニュアルですが…要は単なるWebアプリなんでファイルを配置して設定ファイルを書き直してブラウザからアクセスするだけです。

ただし他のWebアプリと違ってデータベースの構造をイジれるのでデータベース毎にユーザを作ったり、ローカルからしかアクセスできなくしたり、httpsでアクセスさせたりといった感じでセキュリティ配慮に勤めたほうがいいでしょう。